体を冷えから守る!ピュアな甘酒で代謝アップ、腸内美人になろう ♪ | 和醸 岩本園

2018/10/12 00:01

こんにちは!千葉県の自然栽培農家「和醸 岩本園」の岩本です。

寒暖の差が激しくなってきた今日この頃。風邪などひいていませんか?

そんな時にぴったりなのが、100%自然栽培のお米からつくった『和醸 あまざけ』です。甘酒は「飲む点滴」と言われているように、江戸時代から親しまれてきた日本の万能ドリンク。夜寝る前に温めて飲むとじわっと体も温まりぽかぽかに。甘酒を日常生活にさりげなく取り入れて、風邪などひかない腸内美人になりたいものですね!

 ▼ オススメしたい理由、それは...

この『和醸 あまざけ』、みなさまがこれまでに飲んだことある甘酒とちょっと違うんです。それは、“とっても飲みやすい”ということ。美容や健康に良いと数年前からブームになっている甘酒ですが、甘酒を毎日の生活に取り入れている方って、意外とまだ少ないんです。甘酒の粒々や独特の匂いが苦手だったり...。実は、私も甘酒の粒々が苦手だったんです。

 

そこで、誰でも美味しく飲める甘酒を研究し、甘酒本来のコクを残しつつ、クセがない『和醸 あまざけ』ができました!実際、甘酒が苦手だったというお客様からも、「とっても飲みやすい」とリピートを頂いています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

飲みやすさの理由は:

  契約農家から仕入れる自然栽培のお米のみ使用していること

  あまざけの味を左右する米糀(こうじ)を一から手作りしていること

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自然栽培とは、農薬も肥料も一切使わず、太陽と土、水のチカラだけで育てる究極の自然農法。有機栽培よりも、より自然に近い環境で育てるため、日本ではごくわずかの農家さんしか行っていません。

 

そして、米糀は、麹屋さんから仕入れることはせず、自社で一から手作りしています。

まず、無農薬のお米につく稲麹菌を採取して、2週間かけて種麹をつくります。次に、その種麹をつかって、三日三晩つきっきりで米糀をつくります。これは1300年前の室町時代から続く伝統的な製法。とても手がかかり、熟練の技術が求められるため、今ではほとんど行われていません。 

 

その名の由来のとおり、お米に花が咲いたように、きれいな米“糀”が出来上がります。

 

そんな贅沢な原料だけで作った『和醸 あまざけ』は、余分なものが一切入っていないから、雑味(クセ)がなく、身体に“すっとやさしく染みわたります

 

▼ 粒なし希釈タイプなので、使い方のバリエーションがとっても豊富!

甘酒上級者の方は、ぜひいつもの甘酒と飲み比べて、味の違いを楽しんでみてください。そして、甘酒初心者の方も、ぜひこの機会にお試しくださいませ。これまで甘酒に抱いていた常識が変わると思います♪ 

 『和醸 あまざけ』は希釈タイプなので、水、豆乳、牛乳、紅茶などお好きな飲み物で2倍~3倍程度にうすめて飲んで頂くと、色んな味が楽しめます。この時期は、体を冷えから守るため、温めて飲むのもおすすめです。

 

そして、甘酒は、お砂糖の代わりに使えて、とってもヘルシーな万能調味料にもなります!

料理研究家さん考案の簡単甘酒ドレッシングをご紹介しますので、ぜひいつものお料理にも取り入れてみてくださいね!

 

■材料 作りやすい分量

・和醸 あまざけ 大さじ3

・酢    80cc

・オリーブオイル       50cc

・塩・粗挽きこしょう    適量

・はちみつ      大さじ1

 

■作り方

❶ボールに材料を全部入れ、混ぜる。

❷塩、こしょうを適量入れ、味を調節する。

※冷蔵庫で1週間以内に使い切ってください。

 

 最後に...

無農薬、無添加、無加糖、ノンアルコールの100%天然素材から生まれた『和醸 あまざけ』。

飲みやすいから小さなお子様からご高齢の方まで、幅広くご利用頂けます。

また、安心安全な原料だけ使用しているので離乳食や産前産後のお母さんにもぴったり。

毎日の生活への彩に、大切な方への贈り物に、ぜひお試しください!

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

和醸 岩本園のホームページもぜひご覧ください ♪

 

Instagram & Facebook  もやってます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆