【新商品】買うより美味しい!極上の『和醸のみそ造りセット』 | 和醸 岩本園

2019/03/28 23:31


▼ 今、みそ造りがちょっとしたブームになっています。

こんにちは、和醸 岩本園の岩本 喜裕です。

日本の発酵調味料の代表格でもあるお味噌ですが、近年、ご家庭でお味噌を仕込むのがブームになっています。みそ造りイベントなんかも開催されていますよね。人気の理由は、作る楽しみと、そして、なんといっても美味しいから。「手前味噌」という言葉の由来になるくらい、自分で仕込んだ味噌は美味しいですよ!

▼ ここまでこだわる!?『和醸 みそ造りセット』のここがポイント。

せっかく時間をかけて仕込むなら、やっぱり材料にもこだわりたいですよね。そんな皆様のご要望にお応えして、この度、極上の材料をひとつにした『和醸 みそ造りセット』ができました!


★★★『和醸 みそ造りセット』のこだわり★★★

1.自然栽培の国産大豆100%

大豆は、農薬も肥料も除草剤も一切使わずに、自然のチカラだけで育てた和醸 岩本園の自家製大豆です。昨年12月に収穫したばかり。市場にごくわずかしか流通しない千葉県の在来種で、実はとってもめずらしい大豆なんです。香りが高く、えぐみが少なく甘みがあるのが特徴で、美味しいみそ造りに適した大豆です。

2.昔ながらの製法で米糀を手作り

米糀も、和醸 岩本園で一から手造りしています。自然栽培米の収穫前、稲穂につく稲麹菌を採取し、2週間かけて種麹をつくります。これは、室町時代から続く伝統的な手法で、当社以外ではほとんど行われていません。お米に麹菌がつくと、100種類以上の酵素、400種類以上の栄養素を生み出すと言われています。この酵素を使って、三日三晩つきっきりで発酵させ、米糀をつくっています。

3.九十九里から取り寄せた天然塩

みその味の決め手となる塩は、千葉県九十九里から取り寄せました。カルシウムを多く含む海水を、昔ながらの製法で、薪と平釜でじっくり時間をかけて結晶化させています。

▼ 初心者でも大丈夫?

仕込む時期や、仕込む人、使う材料や量によっても味が違うみそ造りは、実に奥深い世界。「なんだか難しそう・・・」という印象がありませんか?でも、実は、初心者でも簡単につくれるんです。『和醸 みそ造りセット』には、失敗しないポイントを踏まえて説明した、オリジナル手順書が入っています、誰でも安心して仕込んで頂けます。ご家族みんなで仕込んで頂くのも楽しいですよね!ぜひ、今年は我が家だけのお味噌造りにチャレンジしてみてくださいね。